イメージの伝え方

イメージの伝え方

こんなヘアスタイルにしたいというイメージがあっても、それを美容師さんに伝えるというのはなかなか難しいことです。一生懸命イメージを伝えたつ持ちだったのに、その髪形にならなかった・・ということもよくあること。

 

 

 

でも、髪の毛を切るということや、イメージチェンジをするということは、結構勇気のいることですから、それが違うイメージになってしまったというとになると、それは悲しいです。そこで、美容室にいったら、まずは美容師さんとしっかりコミュニケ―ションを取るということを行いましょう。

 

 

 

しっかりした美容室にはコミュニケーションを取る時間がとられています。カウンセリングという形で髪形のオーダーを聞いてくれるところもありますから、そういった美容室でまず、スタッフさん達に自分を見せることが必要です。

 

 

 

いろいろな人が、美容院にはきますから、恥ずかしがらずに普段の自分をしっかり見せておきましょう。そうすると、髪形のニュアンスを伝えたときに、彼女だったらこういう風なイメージかな?と、伝わりやすくなります。