「おまかせ」する時のポイント

「おまかせ」する時のポイント

例えば何度もお願いしている担当の美容師さんがいるのなら、「おまかせ」の一言でOKでしょう。あなたと美容師さんとの信頼関係が築かれている上での「おまかせ」は何の心配もありません。

 

 

 

しかし、初めての美容師さんにお願いするという場合、初めて「おまかせ」とオーダーをするというときに、後で後悔しないためのポイントをいくつかご紹介しましょう。まずは自分の髪質で悩んでいる部分、こうなって欲しいと思っていることを伝えるということ。

 

 

 

例えば「ボリュームが多いので軽い感じにして欲しい」という風に。他には、なりたいイメージなどがあればそれを伝えることです。例えば、前回は「可愛い」感じの髪型だったので、今回は「クール」な感じにしたいという風に。

 

 

 

切りたい長さやカラーの色、明るさがはっきり決まっている場合はそれを伝えること。例えば、ロングをショートにしたい場合だったり、会社の規定でカラーレベルスケールの7まで認可されているなどということはしっかり伝えたほうがいいですね。