髪の乾かし方

髪の乾かし方

ドライヤーで乾かすと髪が痛むから自然乾燥にしているという方がいらっしゃいますよね。でも、実はぬれたまま放置しておくと頭皮の雑菌が繁殖しやすくなって、フケや抜け毛の原因になります。また、 髪の毛が濡れてる時というのはキューティクルが弱くなっていて傷つきやすい状態なんです。それなのにぬれたままで寝てしまうと、枕や服などとの摩擦によってキューティクルがはがれてしまうなんてことがおこるんですよ。それにぬれたままだと頭皮が冷えた状態になっているので、血行が悪くなってしまって髪の毛の成長を妨げてしまいます。

 

 

 

 

 

ではどんな風に乾かすのがいいのでしょうか。まずは、髪をふくときですが、タオルでごしごしこすってはいけません。なんとなくごしごししたほうが早く乾くような気がしますよね。でも、それは間違いです。髪の毛をこする様にふいたりするとキューティクルを傷つけてしまうので髪を傷めてしまい、髪に艶がなくなってしまう原因になります。髪の毛をタオルで覆って頭皮をマッサージするように水分をふき取り、次に毛先をタオルにはさんで押さえるようにして水分をふき取ってください。しっかりタオルドライをしておくことが大切なんですよ。

 

 

 

 

 

では、次に乾かし方です。髪の毛を内側から手で持ち上げて頭皮から乾かしていきましょう。一箇所に続けてあてると髪の毛や頭皮から必要以上の水分を奪ってしまいますからドライヤーを振りながら広範囲にあたるようにしましょう。毛先はけっこう乾きやすくて頭皮を乾かしているうちに自然に乾いてきますから無理に乾かす必要はありません。髪は80%乾かして残りの20%は自然乾燥するのがダメージを受けにくいといいます。