大手と個人店の違い

大手と個人店の違い

若い男性の中には美容院にいったことがない、行っているがあまり自分にあった美容院に当たったことがないという人もいるでしょう。
そういう人は人通りの多いところや、公共交通機関のすぐ近くにあるようなお店にいきましょう。

 

こういったところはお客も多く、競争率も激しいため美容師さんも数多くの経験をし腕のいい人が多い場合が高いのです。
こういったところでは美容師さんに一定の実力がなければ生き残っていけません。また地域の情報紙や雑誌などで宣伝をしているような大手もいいでしょう。

 

一定の質が保たれているでしょうし、宣伝できるのはそれだけ繁盛しているということです。絶対にとはいいませんが、最低限の仕事をしてくれる可能性はたかいでしょう。

 

大手だけがいいお店ではありませんが、個人でやっているお店は当然お店ごとに質が違います。
このような個人店のお客は何度もそのお店にいって、にたような髪型をオーダーするお客さんばかりですから、美容師さんは同じ髪型だけを長期間カットしていることになります。
新しいお客の、新しい髪型にする能力が落ちている可能性があるのです。

 

大抵の美容師さんはどこかのお店に勤め、その後で独立するわけですがその後ずっと似たようなことをやっているので腕が落ちていることがあるのです。
もちろん腕のいい美容師さんも個人店で働いているでしょうが、大手ばかりにいくのと個人店ばかりいくのでは失敗する確率が違ってきます。
顔見知りや、腕のいいことを知っているのでなければ流行っている店にいきましょう。